費用

うがい

ホワイトニング治療の費用は、治療内容や個人差によって異なっていくものとなります。
歯に関する治療となると、みなそれぞれ特徴も違うものとなっています。
個人差によって、治療費が変わるのは、審美歯科のホワイトニング治療だけではなく、セラミッククラウン治療、矯正歯科治療でも同じことが言えます。

それぞれ料金は異なるものとなっていますが、一般的なホワイトニングの料金相場として、「オフィスホワイトニング」の場合、片顎で=約54,000円、上下両方顎の場合は、=約80,000円となっています。
これは、1回およそ70分を3回の料金となっています。

「ホームホワイトニング」の場合、専用のトレーを作成しなければならないので、トレー代と薬品代(2週間分)で=約35,000円となっています。

セラミッククラウン

治療風景

審美歯科、矯正歯科は、歯の状態をより美しくキレイに保つ目的として行われている歯科治療となります。
審美歯科で行われている治療で知られている治療方法となるのが、「ホワイトニング治療」と「セラミッククラウン治療」となります。

「セラミッククラウン治療」とは、虫歯などが進行し、除去する部分が多くなった場合に、その除去する部分を人工の歯で被せ、自然の状態に見せる治療方法となります。
この、人工の歯を「クラウン」と呼びます。この「クラウン」は、歯を自然の状態に見せる効果のほか、歯並びの改善にも効果があるものとなっています。

セラミッククラウン治療は、一般的に「差し歯」や「かぶせもの」といった名前で呼ばれているものとなっています。
この「クラウン」は大きく4つの種類に分けられており、それぞれ用途に合わせて使用していきます。
その4つとなるのが、「全て金属で出来たクラウン」、「全てセラミックで出来たクラウン」、「内側だけ金属で出来たクラウン」、「裏側だけ金属で出来たクラウン」となります。

効果

着席

審美歯科の1つ、「セラミッククラウン治療」は、除去した部分の歯を、人工の歯によって、自然の歯の状態に戻す効果のほか、矯正歯科で行われる歯並びの矯正にも効果がある治療方法となっています。
また、セラミッククラウン治療には、様々な種類のクラウンがあり、それぞれ特徴的な部分を持っているものとなっています。

■金属クラウン
すべて金属で出来たクラウンは、いわゆる「金歯」と呼ばれるものとなっています。
金属で出来ているので、強度が強く、強い力がかかる部位にでも対応できるクラウンとなっています。
金属で出来たクラウンは、虫歯の再発の可能性が低い、優れた冠となっています。

■内側が金属で出来たクラウン
内側が金属で出来たクラウンは、中身が金属で外から見える部分はセラミックで作られているため、見た目がキレイなものとなっています。
見た目がキレイなほか、変色を起こすこともなく、強度も強いものとなっているので、多くの患者に選択されるクラウンとなっています。

■裏側が金属でできたクラウン
歯の裏側が金属になっている、前歯用のクラウンとなっています。
このタイプのクラウンは、長期使用によって劣化や変色、黄ばみが生じるものとなっており、現代ではあまり選択されないクラウンとなっています。

矯正歯科

吸われる人

審美歯科と同じく、歯の状態をキレイに保つ治療として行われているのが、この矯正歯科治療となります。
矯正歯科治療は、キレイな歯並びを目的として行われていますが、これと同時に歯槽膿漏や虫歯といった歯周病の予防の効果もある治療となっています。

まとめると、矯正歯科を受けることに寄って、「審美性の向上」「噛み合わせの改善」「虫歯、歯槽膿漏の予防」の効果が得られる歯科治療となっています。

治療費

吸う人

矯正歯科治療でかかる費用は、審美歯科と同様、病状・個人差によって異なっていきます。
一般的な矯正治療の料金相場としては、成人矯正の場合、約60万円~100万円、小児矯正の場合、約30万円~60万円となっています。
部分的な矯正の場合、約5万円から治療を受けられることができます。

これらは、基本料金となっています。この基本料金とは別にかかる費用となるのが、「相談料」「診断料」「ワイヤー調整料」となります。
相談料は、ほとんどの歯科医院が無料で行っていますが、ところによっては約5,000円支払う歯科医院もあります。
診断料は、約3万円~10万円程度、ワイヤー調整量は1回約3,000円からとなっています。